北海道ツアー2日目 w)山本哲也


2日目は「俊カフェ」
詩人、谷川俊太郎氏の書籍や言葉に囲まれた、本人認定の正に「谷川俊太郎専門店」。
かと言って固い雰囲気は皆無で、谷川ファンだけでなく誰にでもウェルカムな空間です。コーヒーもすごく美味しかったです。今度はご飯も食べに来よう・・・

さて音出し。
おおお、響きが良いです!音がまっすぐ膨らむ長方形のスペース。
決してラウドではありませんが、芯が届く手応えがあります。こういうとこ大好物です。

お客様が入った本番でもそれは変わらず、声もギターも良く届いていたと思います。

お互いのニューギアもいよいよ絶好調です。
哲也さんのギブソンが、非常にピュアな方向に振れてきてるのに対し、私の中野潤ブーシェは日を追うごとにドロドロとしてきてます。一般のイメージでは逆なんですけどね・・この日は会場の力を借りて、思い切ったppをかなり長い時間表現できました。いやー気持ちよかった。ドリーミーな高音も、ドスの効いた低音もこのツアーで開いてきました。思い切って持ってきてよかった!

この日は哲也さんも「この会場、床がすごく良い!」と超マニアックに上機嫌でした。大好きな「Maggie’s Reel」が聴けて嬉しかったです。

さてまだまだ旅は続きます。