Kenichi Ito Official Website Blog ラトルのシベリウス

ラトルのシベリウス


ラトル/ベルリン・フィルによるシベリウス交響曲全集。かなり楽しみにしていたセットをようやく入手しました。

ベルリン・フィルのシベリウスといえばカラヤンの選集が有名ですが、なんと全集はこのラトル盤が初とのこと。

シベリウス交響曲集は、全集選集含めて8種ほど持っていますが、このラトル盤、ものすごく気に入りました。カラヤンの表現とはある意味対極で、カラヤンの響きの壮麗さに対してフレージングとイントネーションを何より大切にしている印象を受けました。

フルオケでこのようなアプローチを実現した事に価値があると思います。

ラトルが敬愛するベルグルンド指揮のヨーロッパ室内管弦楽団の名演よりも、むしろフレージングのスピード感が鋭く、しかもフルオケらしい流麗な厚みも心地よく作用します。

 

特に私お気に入りの3.4.6が良いです。何度か通して聴きましたが、毎回面白い発見があります。シベリウスに興味のある方は、ぜひ一度この盤を聴いてみてください。

 

 

Related Post

2019年末2019年末

年末という感じが全くしないまま年末です。 今年も色々と動きのあった1年でした。 Indigo Noteでは関西、北海道、九州、Silverustでも関東、関西、tri tonicaで長野、小松崎健さんと関西、竹内いちろさ […]

J-50J-50

そろそろJ-50にも手を加えていきます。 まずはマシンヘッドの交換 (現在はオリジナルのクルーソン3連が装着されてます)   そしてサドルをアジャスタブル式のセラミックから、ノンアジャスタブルの牛骨にする予定。 […]